悩む女性と白い薬
薬が乗っているスプーンを口に入れる女性

カンジダは体に存在する常在菌です。カビの一種であり、通常人体には発生しません。高熱が続いたりなどの理由で体の抵抗力が衰えたりすると発症しやすくなります。抗生物質を使用したことによる副作用や免疫力が弱まった高齢者にも発症することがあります。口腔カンジダは口の中にできる症状で、鵞口瘡(がこうそう)などと診断されることがあります。

一番厄介なのが、陰部カンジダです。女性器にできやすい症状で、白いカッテージチーズのようにポロポロとしたおりものが出るようになったり、陰部のにおいがキツくなってしまうという症状が出てしまいます。初期段階では痛みなどはありませんが、進行すると患部から出血を伴うほか、潰瘍化してしまうこともあります。また、一度でもカンジダにかかったことがある人は再発のリスクを持っており、体調不良や妊娠、出産のタイミングで再発してしまうことがあります。何度も繰り返すので最終的に治療をあきらめてしまうという人もいるほどです。年齢を問わずり患しますので、低年齢の人や未婚女性がカンジダ症にかかった場合、婦人科へ通院することをためらってしまうということもあるようです。また、仕事が忙しくて定期的に通院できないという人も見られます。

こんな時にお勧めしたいのが、海外のカンジダ皮膚炎を治療するためのカーネステンクリームです。抗真菌治療薬ですので、爪水虫などにも効果があるとされています。こちらのクリームの使い方は、患部に少量を塗布するだけです。クリームを患部に塗るときには若干の刺激を感じることもあるようですが、根気よく続けることで症状が改善されていきます。使用回数は1日2~3回。清潔にした皮膚に塗布をしましょう。ちょっとすり込むように塗ると効果が出やすいようです。

カーネステンクリームは、使い方が簡単な治療薬ですが、日本では購入することができません。海外医薬品通販サイトから個人輸入することが入手経路となります。日本でも知名度が高いバイエル社の製品ですので、品質は確かであると認識できるでしょう。日本でもカンジダに特化した医薬品が市販されていますが、再発患者向けの仕様であることから、薬剤師のチェックが厳しく購入時に恥ずかしさを感じてしまう人も少なくありません。

また、10gと少量パッケージであることから本格的に治すのならば、複数回購入せざるを得ないという場合も。カーネステンクリームは30g入りのチューブですので、長期戦の皮膚炎治療にも対応します。まとめ買いでストックしておけば、万が一の再発時にも慌てず治療開始することができます。抗真菌薬ですので、まとめ買いで家族で1本ずつシェアすることもできます。家族感染も見られる足水虫や爪水虫の治療を一挙に進めることもできるでしょう。

カーネステンクリームは、日本で市販されているクリームと同等の成分です。メーカーも信頼できるので安心して購入することができます。海外からの個人輸入は不安に思う人も見られますが、日本語サイトですし、現地の運営会社が個人輸入にかかる手続きを代行してくれるので安心です。注文してからは届く日を待つだけという簡単なプロセスですので、いち早く治療をしたいと考える時でも安心でしょう。

陰部にできたカンジダ皮膚炎を治療するためには、自分の体の抵抗力や免疫力を高める工夫も必要となります。睡眠時間を十分に確保することのほか、食事をしっかり摂ることも大切です。また、清潔な下着を着用することや入浴することで体の衛生を保つことも求められます。高温乾燥した下着を着用するなどの気遣いで症状の悪化も防げますので、衣類の洗濯の方法も工夫していきましょう。