cashing

金融組織には自社黒というものがあります

金融組織には自社黒というものがあります

キャッシング査定に限定しず、これはどの金融アイテムにも言える事ですが、個人信用情報機構に重大な延滞情報(異動など)が登録されていた時には、ほぼ問答無用で査定に落ちる見込みが高くなります。

これは、金融機構で過去に金融アイテムで重大な延滞や任意片付け、自己破産などの重大な金融事故を起こした事がある方は、二度ある事は三度あるでは無いですが今後再び重大な金融事故を起こす見込みが高いと考慮しているためです。

また、これは何も個人信用情報機構の信用情報だけではなく、過去に金融事故を起こした金融機構にも登録されており、これを金融業界では自社黒と呼んでいますが、この金融機構に登録される事故情報には信用情報のような共通の登録期間というのが決まっていません。

つまり、この自社黒の登録期間は各金融組織ごとに異なっているのです。

それでは、この金融機構による自社黒の登録期間はどれだけなのか?について解説します。

金融事故情報が登録されていると査定に通りません

過去に重大な金融事故を起こしている方は、スペシャルな事情で債務を背負ってしまったという方以外はお金を借りる=債務に関しての管理が充分にと出来ていない見込みが高くなりますので、今後も金融事故を起こすのでは?と思われても仕方ないのです。

中には、1度そのような重大な事故を起こしたからには、今後は更生して充分にとお金の管理を行っていくという方もいるかと考えますが、帰するところ過去に金融事故を起こしているのか否かで金融組織からの評価は全く異なってしまうのです。

ですので、過去に重大な金融事故を起こしている方は、個人信用情報機構の信用情報から事故情報が削除されるのを待ってから、クレヒスを積み重ねて各種金融アイテムの査定に申し込んだ方が査定に通る見込みが高くなります。

普通に自社黒の登録期間は半永久的

個人信用情報機構の信用情報には、各信用情報組織によって定められている信用情報の登録期間がありますが、これが金融機構単独となると自社黒の登録期間は各金融組織によって異なっているのが現況です。

加えて言えば、金融組織にとっての自社黒とは、過去に自社にとって損害を出すきっかけになった元カスタマー情報になりますので、そういう元カスタマーは今後半永久的に自社のユーザーにする事には受動的になっているのです。

つまり、金融機構の自社黒の登録期間は、各金融組織にもよりますが大抵の金融組織では半永久的に登録される事になっています。

という事は、過去に重大(金融機構によっては重大では無い事例もあり)な金融事故を起こした事がある金融機構が供給している金融アイテム(クレジットカードやキャッシング、カード貸付金など)の査定には半永久的に通らない確率が大いに高くなっているのです。

ですので、仮に貴女が過去にA金融組織で重大な金融事故を起こしているのであれば、A金融機構へキャッシング査定に申し込んでも通らない確率が高いので、申込自体辞めた方が良いです。

申し込んでも落ちてしまうと、この申込情報が信用情報に登録され、信用情報に半年間で4件以上申込情報が登録されていると査定で不利になる確率が高くなります。

金融機構によっては10年程度の時もあり

先程、大抵の金融機構での自社黒登録期間は半永久的と解説しましたが、中には異例があります。

というのも、某金融組織の自社黒登録期間が10年以下だったためです。

これは、過去における時になりますが、とある人が約10年前にA金融組織で重大な金融事故を起こしてから、その後A金融機構が査定を担当している金融アイテムの査定に通ったからです。

この人は、10年前と勤務先や現住所の手直しはあったものの、氏名や生年月日、電話番号などの普通な属性には手直しが無かったそうなので、このA金融機構での自社黒登録期間は10年以下という事が理解いただけます。

ただ、これはあくまでも一例に過ぎませんので、先程も解説した通り大抵の金融機構における自社黒登録期間は半永久的と覚えていただければよいかと考えます。

-cashing

© 2020 まうんとブログ Powered by AFFINGER5