cashing

自身のローン総額を理解する事は必須です

自身のローン総額を理解する事は必須です

キャッシングを使用する時には、月次の活用計画を立てる必須があります。

何故なら、活用計画が無ければお金が無くなったら直ちにに借りる、そしてお金が無くなったら直ちに借りるというように、簡単に債務超過に陥ってしまう確率が高いからです。

これは、私も経験がありますが、キャッシングカードのカードがあると、お金が無くなってしまうとついついお金を借りてしまうんですよね。

このくらいだったら問題なしだろう、まだ平気だろうと。

で、気が付いた時にはキャッシングから多額のお金を借りてしまっていた=多重債務になっていたという結果になる確率があるのです。

つまり、キャッシングを計画なしにどんぶり勘定で活用していると、多重債務になる確率が高くなりますので、目下の収入や入金状況は言うまでもなく、目下のローン総額がどれほどあるのか?も大切になってくるのです。

ただ、1社の金融組織から借りているのであれば今現在のローン総額を知る事は手間なくですが、これがいくつかの金融機構からお金を借りているケースには、どの金融機構からどれほどお金を借りているのか?が分からなくなっている事もあります。

加えて言えば、借入先が豊富にあり過ぎて、どの金融機構から借りているのか?すら分からなくなっているケースもあるのです。

そんな訳で、今度のテキストでは、自らのローン総額を見極めする技術について解説します。

借入先金融機構が分かっているケース

現時点での借入先金融機構が分かっているのであれば、月次金融組織から送られてくる請求書や領収書を見極めする事で今現在のローン総額が理解いただけます。

ただ、請求書や領収書が無い、または送られてきていないという時もありますので、そのような時には金融組織へ取引履歴の開示請求を行って下さい。

この取引履歴の開示請求ですが、金融組織側では開示請求があったケースにはこれを拒否する事は出来ませんので、普通には取引履歴の開示請求を行い、取引履歴の元手残高を検証すればその金融機構における目下のローン総額が判明します。

加えて、この開示請求を直近で取引している一通りの金融機構へ行う事によって、現時点での総ての金融組織でのローン総額が理解いただけますので今後の活用計画を立てる事ができるになります。

今現在のローン総額が分からないのに、今後の使用計画を立てる事は出来ませんので、このローン総額を知る事は相当肝心になります。

ついでに、ごくまれに取引履歴の開示請求を拒否する金融組織がありますので、そういう時には日本貸金業協会や管轄の財務局へ話し合いして下さい。

借入先金融組織が分からないケース

今現在の借入先金融組織が分からない時に取る手法は1つです。

それは個人信用情報組織へ信用情報の開示請求を行う事です。

それも、3つある個人信用情報期間総てで行う必須があります。

何故なら、金融機構によって加入している個人信用情報機構が異なっているからです。

ついでに、この信用情報の開示請求は、請求を行ってから1週間〜10日ほどで開示報告書が自らの元へ届きますので、開示報告書の中身を検証して現時点でその金融機構にどれだけのローンが残っているのか?を検証して下さい。

先程も解説しましたが、目下のローン総額が分かっていないと、今後キャッシングを使用する上で大切な使用計画を立てる事が出来ません。

-cashing

© 2020 まうんとブログ Powered by AFFINGER5