cashing

債務整頓情報は信用情報に登録されます

債務整頓情報は信用情報に登録されます

過去にキャッシングやカード貸し出し、加えてはクレジットカードやオート貸し出し、住宅ローンなど、各種金融アイテムを活用した事がある方で、月次の入金を延滞なくスムーズに行っていれば、個人信用情報機構の信用情報に優秀な決済情報が登録されていると思われます。

住宅ローンは、居宅を買うだけではなく改修にも活用できますが、リフォームローンは改装専門です。

ただ、信用情報には何も結構な決済情報だけが登録されている訳では無く、中には長期の延滞情報や自己破産や任意片付けなどの債務片付け情報も登録されている事例があります。

しかも、信用情報にこれらの金融事故情報が登録されていると、キャッシング査定に通らない見込みがとても高くなってしまうため配慮が不可欠になるのです。

信用情報の登録期間は決まっています

個人信用情報の信用情報に重大な金融事故情報が登録されていた時には、各種金融アイテムの査定には通らない見込みが極めて高くなります。

ただ、何も重大な事故情報は信用情報に永久的に登録されている訳ではなく、信用情報に重大な事故情報が登録されていたとしても、その登録期間には定めがあり、その期間は最低5年間、以前からずっとても10年間となっています。

つまり、重大な金融事故を起こしてから5年程度はキャッシング査定を含めた各種金融アイテムの査定には通らない確率が高くなってしまいます。

信用情報から事故情報が削除されている事を検証する過去に重大な金融事故を起こしている人であったとしても、その情報が信用情報から削除されていれば、査定のときに金融法人からはその情報を見極めする事が出来ないため、結果として査定にパス可能な見込みがあります。

ですので、過去に金融アイテムで重大な金融事故を起こしている方は、その情報が信用情報に登録されているか否かについて、個人信用情報機構へ信用情報の開示請求を行って見定めする不可欠があります。

他にも、信用情報から事故情報が削除されているのを検証してからキャッシング査定に申請すれば、100%とは言えませんが査定に通る確率が高くなります。

もっとも、キャッシング査定では、信用情報だけではなく属性情報も査定の対象になりますので、信用情報と当てはめて属性情報にも用心を払う必須があるのは言うまでもないのです。

ところで、過去に重大な金融事故を起こした金融法人には、自社データベースにその情報が半永久的に登録されている確率があるため、その法人が行っているキャッシングを含めた各種金融アイテムの査定には通らない見込みが高くなります。

-cashing

© 2020 まうんとブログ Powered by AFFINGER5